費用を用意して太陽光パネルの導入

「太陽光発電なんてお金持ちしか導入出来ないでしょ!?」と勘違いされている方が非常に多くいらっしゃいます。
確かにある程度のお金を用意しておく必要がありますが、長期的に見れば初期費用を相殺することが出来るのです。 太陽光パネルの補助金は購入時の費用として事前に受け取る事が出来るのではなく、設置後に支払われますので事前に購入費用の全額を準備しておく必要があります。
さらに太陽光パネルには、環境条件も重要であり、日によって発電量も異なってきます。
太陽光パネルは電気の節約や、地球規模での温暖化対策などといったメリットが目立ちますが、もちろんそれだけではありません。
補助金や電力会社への売電制度も存在していますが、システム導入時の費用は非常に高額なものとなるのです。

 

太陽光パネルには設置に適している条件があり、せっかく発電量の高い太陽光パネルでもその効果を十分に発揮することが出来ないケースがあります。
これは見積もりをもらうことである程度把握することが出来ますので、予め調べてみるといいでしょう。



費用を用意して太陽光パネルの導入ブログ:2018年08月13日

わたくしは十年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
わたくしにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「パパを感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

パパはヘビースモーカーです。
幼少の頃、パパの枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

わたくしの中でそれが「大好きなパパ」だと
認識していることに気がついてからでした。

わたくしが本当に好きだったのは、
このパパの匂いではなくて、
パパの屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
パパなんか必要ないと、パパから心理的に距離をとり、
パパの中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうのパパ」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃はパパが大好きで
パパの膝の上や腕の中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
わたくしの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
わたくしにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、パパのことを理解し許し始め、
パパに対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
パパを大好きで信頼できるという気持ちだったのです。