太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

続々と導入が進む太陽光発電ですが、勘違いしている人も多く、設置をすればすぐに収益を確保出来ると考えています。
確かに長期的に見れば収益の確保は可能ですが、数年で元を回収することは出来ませんのでご注意ください。 少しでも早く原発依存から脱却をするためにも再生可能エネルギーである太陽光発電の普及は急務となっています。
システムによっては、災害が発生した時の停電などに蓄電しておいた電力を使えるタイプも販売されていますのでより安心感が強くなっています。
最近では法人単位で太陽光発電を導入するケースが多くなっています。
二酸化炭素削減や地球温暖化対策としてかなり有効であり、地球規模の貢献が可能なのです。

 

会社に太陽光発電を設置し、もし電気が余ってしまった場合でも余剰電力買取制度によって売電をし、経費節減になります。
発電した電力を目で確認もすることが出来るので、必然的に節電意識も高まってくることでしょう。



太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組むブログ:2019年01月19日

減量に成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りのご飯に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までの減量生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、減量は
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りのご飯に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

減量した直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ごはんを食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
ボクが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
ひと月程度続くのが一般的です。

ひと月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りのご飯に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分のからだが初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このように減量というのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
減量のカギになってくるのです。

おしまい!!!