このメニューでは太陽光発電で法人単位によって社会的貢献についてご案内しています。

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む



太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組むブログ:2015年07月04日


最近、ミーはゴルフを始めました。

友人や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
ミーを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通う男の子とミーと父(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

男の子が
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやら男の子にとって
「ジジ(祖父)とミー(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
男の子は不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはりお子さんにとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
と男の子は半泣きになっているのです。

男の子は
父母とお子さんは手を繋ぐもの…と感じたようです。

男の子の泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもミーと父は手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツした父の手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固な父も
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでも父と一緒に過ごしたいと感じたのです。

ビールも飲めないミーにとって、
これから父と楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

★メニュー

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む
費用を用意して太陽光パネルの導入
助成金制度があることで太陽光パネルの価格から割引
長期的に元が取れる太陽光パネルの発電量
太陽光パネルは信頼することの出来る問屋を利用
いわゆる一つの投資として全量買取制度を利用
省エネとエコに貢献可能な会社の太陽光パネル
節電を効果的にするなら初期費用の回収が可能な太陽光発電
全量買取を十分活かすためにメンテナンスは必須
太陽光発電を相場価格よりも安く購入し全量買取


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報拡散