このメニューでは太陽光発電で法人単位によって社会的貢献についてご案内しています。

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む



太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組むブログ:2015年12月08日


2週間前久しぶりに、
わたくしはミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
わたくしはいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

わたくしが一人で、
家族の夕方飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなったわたくしは、
お母さんに夕方飯はわたくしが一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのない息子が、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然わたくしは、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってからお母さんが台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時のわたくしには感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
お母さんはそれをやったのです!

息子ながらに、お~すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らないわたくしは先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れたわたくしは、
正味2時間くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む

★メニュー

太陽光発電で法人単位による環境問題に取り組む
費用を用意して太陽光パネルの導入
助成金制度があることで太陽光パネルの価格から割引
長期的に元が取れる太陽光パネルの発電量
太陽光パネルは信頼することの出来る問屋を利用
いわゆる一つの投資として全量買取制度を利用
省エネとエコに貢献可能な会社の太陽光パネル
節電を効果的にするなら初期費用の回収が可能な太陽光発電
全量買取を十分活かすためにメンテナンスは必須
太陽光発電を相場価格よりも安く購入し全量買取


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報拡散